ダイヤモンド買取後

ダイヤモンド買取は換金してお金が手元に入ればそれで満足という人も多いと思いますが、ではダイヤモンド買取後、ダイヤモンドはどうなるのでしょうか?大きく分けると3つに分ける事が出来ます。

まず買取業者が全国各地で開催されている業者オークションに出品します。

そしてそこで買われて海外に輸出されるケースが現在は多いようです。

特に質のいい、大きいダイヤモンドほど高額になるので不景気の日本での需要はなく海外、最近では経済成長を続ける中国やインドの富裕層の元へ渡っているようです。

2つ目は買取業者が店頭販売するケースです。

買取専門ではなく、買取と販売を一緒に行う業者が増えています。

ブランド商品なら買取った商品は新品ではなく中古品として売り出されますが、ダイヤモンドは中古、新品という概念がなく、宝石店で買う金額の半額で手に入ると考えれば、宝石は買取業者のお店で買う方がかなりお買い得です。

3つ目は買取業者から卸業者に売却され、製品加工を施して新しい商品として生まれ変わったのにに宝石商で販売されるという方法です。

ダイヤモンドは永遠の輝きという言葉がありますが、まさにその通りで持ち主が変わってもダイヤモンドの価値は変わらずに半永久的に流通されているのです。

なのでもしかしたらあなたが手にしているダイヤモンドは100年前はイギリスで誰かがはめていた指輪だった・・・・そんな歴史が隠れているのかもしれませんよ。